今年もやります!2010年 米子自動車学校感謝祭は4月11日(日)開催!!


by Eurocar-meet2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ランチア・プリズマ1.6ie<イタリア>

続いての参加予定車輛は ランチア・プリズマ1.6ie
1991年式 生産国イタリア!
a0170230_22271298.jpg

1979年にデビューした 上質な2ボックス小型サルーンであるランチア・デルタ
昔のVWゴルフとジェッタの関係よろしく ベースのデルタをデザインしたジウジアーロが
独立したトランクルームを追加し コンベンショナルな3ボックスサルーンとしたモデル。
それが 1982年にデビューした ランチア・プリズマ!

プリズマの・・



a0170230_2262397.jpg

ディメンションは全高1385mm&全幅1620mmこそデルタと同じながら
全長は約30cm延長され 4180mmとなり トランクスルー機構により
その大きさから想像するよりは 思った以上の収納力が自慢!

a0170230_2264925.jpg

デルタの角張ったスタイリングから 少しスラントしたグリルと
角型ライトへと変更がなされ
ウィンドウ周りも デルタの艶消しからメッキモールへと変更され
イタリアの高級車たる ランチア・ベルリーナに相応しい品格を備えました。

a0170230_2275013.jpg

ステアリングは その後WRC常勝となるデルタ譲りの
ロックtoロック2.8回転とクイックで
この時代の小型車に珍しいパワステを備えながらも
圧倒的情報量のインフォメーションで
路面状況やタイヤの接地感が 手に取るように判る優れものでした。

サスペンションも イタリア街中の石畳からアウトバーンまで対応する
懐深いストロークが デルタのWRCで実証されたように 自慢の足回りで
軽く心地よく吹け上がる1.6Lエンジンを 5速MTで歌わせると
地味な外観ながら 走らせると楽しいイタリアン・セダンなのです!

内装も クラシコイタリアの老舗エルメネジルドゼニアのファブリックをあしらったシート等
革シートが一般的になる以前の イタリアンモダンなシンプルながら上質な空間です。

いつもより車輌紹介が丁寧なのは 私もプリズマに4年間6万km乗っていたから(笑)
じわじわとボディブローのように染みて来る ランチアの魅力に侵され今に至ります(汗)

a0170230_228013.jpg

この個体は 91年に新車で買われて以来 大事に扱われ
未だに39,000kmしか走っていないと言う ワンオーナー車です!
どおりでビカビカな訳ですね(笑)

派手さは無いですが イタリアの素敵な日常を感じさせる燻し銀のような隠れた名車に
この機会に触れてみてはいかがですか?お待ちしております!
[PR]
by Eurocar-meet2010 | 2010-03-22 23:50 | 参加予定車輌紹介